FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆとりなき日々

ゆとりっくすで何を書こうかはっきり決めてスタートしたわけじゃなくて、いつの間にか自分が思っていたより創作よりに傾いてきたために、リアルな世界についてはこっちのBLOGで書こうと思う。適度に力を抜いて。

「まなびストレート!」のTV放送が終わった。
ネットで言われてるように、最初はとてもいい筋書きだったんだが、後半になって急に失速する。作画の良さと相まって、DVDでたら買っちゃおうかな、とさえ思ってたんだけれど(これはボクにしてみれば相当に評価してることだ)、いまではPS2のゲームさえ見送ってしまった。(昨日発売日だったんだよね) ボク自身が飽きっぽいってものあるけれど。
なんのアニメだったかなぁ、最近見たほかのアニメでも同じ気持ちになった。最初はとても魅力的なんだ、なのに途中で失速する。無理に話をまとめようとするからか。良い設定は作れても良いストーリーが作れないのか。それとももともと大人用のアニメは6話くらいで終わってしまうほうが丈が合ってるのか。ふーむ。
でも絵はかわいいね。マンガの方の「まなび・・・」はぜんぜんいただけないけど。

飽きっぽいといえば、コミケは申し込んだだけで満足して同人誌制作をしてないや。ゆとりっくすでいっぱいいっぱいだし。もし受かったら考えるか。(でも自分のペースだときっとそれでは間に合わない)

最近読んでる本はスティーブ・エリクソンの「黒い時計の旅」って本。
90年ごろに一度読んで驚愕した覚えがあるんだけれど、急にまた読みたくなって探してた。「パラレルワールド」もので、ゆとりっくすのヒントになるんじゃないか、と思ったから。で、昨日ようやく見つけたのだ。(もっともamazonにはあったから、最初からそこで買えばいい、というのもあるが、送料がちょとばからしいと思っただけ)
「パラレルワールド」ものではあるのだが、それよりもこの作者の想像力の果てしなさ、ってのは今読み返しても圧倒される。いうなれば30日間チンコが勃起しっぱなし、みたいな圧迫感かな。(よくわからん比喩だが)
前回読んだときはいっきに読んだんだけれど、むしろこういう本はちびちび読み進めて、自分のわずかな想像力を刺激してもらうのがいいかもしれない、と思った。
万人向けの本じゃないので、最初の10ページくらい立ち読みして、合うと思った人にはどうぞ。

絵は、まなびにもエリクソンの本にも、どっちにも関係ないです。


background[1].pngなんだかなー、半分予想はできたんだけれど、忙しかったしわよせが他に波及して、波状攻撃でだんだだん。脳みそとろけ気味、その上ついに花粉症がはじまって鼻ももげそうになってます。

いっそこの現世には未練がないよん、ってことで、別の時空にいくことにしました。
http://yutolics.blog96.fc2.com/ゆとりっくす


ああ、構想4日、勢いです。むかしむかし流行ったVNIってやつですか? ああそうですか。

最近読んだマンガ2

仕事の疲れがでたのか、土曜日はけっこうカラ元気があったのに今日はぐったりだ。起きてはネット覗いて寝て、起きてネット覗いては寝て、そして一日が過ぎる。
昨日は4時まで愉快な人たちと絵チャをやって、朝になってこっそり誰もいない絵チャに入ってアニメーションログを見てそのときの様子を思い返すボクは、ちょっとキモいのでしょうか。

で、最近買ったマンガの感想の続き。
半年以上前に「荘田君のアキハバラ奮闘記」を1巻だけ買ってあったんだけれど、ブックオフで安く続き買えたので買って読んでみるとけっこう面白い。それに絵がうまいよね、実はこの人。鈴木次郎って名前だけれど、女性なんじゃないかとも思えるんだが、どーなんでしょう?
Gファンタジーコミックスに連載されているために、腐女子のためのサービスシーンといった箇所が多々でてくるんだけれど、Gファンタジーコミックスってそういう雑誌なの? 読んだことないんだが。

もうひとつは、「B型H系」さんりようこ。
「H」とついているけれど、ほのぼの4コママンガ。高校ではセフレ100人作るぞーと言ってる処女の美少女の話。まぁ罪のない4コマなんだけれど、絵柄がかわいいから許す。古臭い感じの絵ではあるけれど、なんか惹かれるのはなぜ。
とはいえ、こういう4コマだったら、アフタヌーン掲載の「臨死!江古田ちゃん」の方が毒が強くて圧倒的に面白い。月間で4コマのためか2巻がなかなかでないんだけれど、いつでるんでしょうか? 江古田ちゃんの作者は、きっと友達や雑誌やテレビでネタを仕入れて描いてるんだと思うけれど、ときどきこれって素のネタなんじゃないか、と思わせるところがあるんだよね。唐突なギャクだかギャクじゃないのかわからないようなコマ。そういうところ見るのが好きなんだよね。

ゆとりのないボクが考えること

何年ぶりだろ、会社に泊まり込みで仕事だなんて。しかも今週2回もだよ。
睡眠不足にめちゃめちゃ弱い自分は、徹夜なんてできないから椅子三つ並べて寝る。椅子じゃぁ寝た気がしないんだよなぁ、と思ったけれど、今回はけっこうぐっすり眠れたなぁ。
しかし広いフロアでひとり、暖房費バカにならなんだろうね。1日1万くらいするんじゃない? ゴアさんごめんなさい。

もーろーとした頭で電車乗ってるんだけれど、電車の広告で受験問題のやつ、あるでしょ。今回は「円周率が3.05以上であることを証明しなさい」ってやつ。数学が苦手な自分でも、できるんじゃないかと、手のひらに図形描きながらうんうんうなってみるも、ダメでした。3より大きくて、4より小さいことは証明できたんだが。つまり、およそ3ってやつですか。これが”ゆとり”ってやつですか。ああ、ゆとり欲しいです。
あ、物語の主人公、ゆとりちゃんがいいね。かわいいね。

しかし数学はできなくても妄想はできる。
パラレルワールドがあって、この世界で理不尽なことでも、その世界では常識かもしれない。その世界では、円周率がぴったり3かもしれない。次元や時空がどうなってるのかわからないけれど、その世界ではそうなのだ。
円周率にみんなが固執するのは、完全とも思われる円に普遍的な何かを求めるからでしょ。絶対的なもの。円周率もきっと”意味”があるに違いないって。だから延々と計算して、スパコン使って”神”を探そうとしてる。
でもその世界はその必要がないんだ。だって3だもの。「3は永遠を表す」なんて言葉あるように、もう神の数字なんだ。
じゃあその世界は、この世界とどう違うんだろうか。コンピュータも生まれない、人は悩まない、円は閉じない、地球の一部は時空に飲み込まれてる、そしてゆとりちゃんは、今日ものんびり恋に遊びに夢中になってる。

あー、ちょと壊れてます。
Twitter
 
プロフィール

くろくぅ

  • Author:くろくぅ
  • 創作したいと思う、この気持ち。でも創作ってなぁに?


    ストラ本、ゆうなべ本(同人誌)(通販一時停止中)


最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。