FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法学科絵茶専攻

絵茶で同人誌の企画。絵茶の企画なら、絵茶上でアイデア練ればいいじゃない、と書き始める。
たぶん4ページくらいなので、構想もなにもあったもんじゃない、はずなんだが、真っ白なコミスタにむかっても、まったく思いつかないから。ネームを書く、という発想がないんだな。
真っ白で膠着したままなのは精神衛生上良くないから、やれることをやる。なんだか、最近あれこれ中途半端に手を出しすぎている気がするけれど、やれることから先にやる、って方がずっといいよね。妄想垂れ流しっぱなしでもね。

美術魔法専門高等学校。絵茶専攻3年、遠南実柚(とうなん・みゆず)。絵茶専攻ってのは、ネットを媒介として作り出す魔法。複雑にからみあった無尽蔵のエネルギーを、タブレットを使ってコントロールする魔法。21世紀初頭にハッカーと考古学者の双子が編み出した技術だが、その発見の過程がゆえこれが単なるウィルスの類なのか魔法なのか、諸説分かれるところである。

そんなことはさておき、実柚。あきらかにこのままでは卒業単位が足りない。追試さえも合格点に届かず、とはいえ学校側も正直ダメ生徒はさっさと外に出しちゃいたいのも本音。追々試は1学年下の生徒と対決させて勝つこと、という、譲歩の上の譲歩を示してきた。いくらオチこぼれといっても、一学年下の子に負けるはずない、ってなんであの子が立候補してくるのよっ。
麻見夢路乃(あさみ・ゆめじの)。学年トップにして、エリート中のエリート。中学のときにすでに絵茶魔法を掌握、飛び級で大学に入るとのうわさだったのに。
「先輩がいたから、ここに来たんです!」
「そ、それはわかったから、でも私も卒業しないといけないの。私が好きならね、私のこと思ってくれてるのなら・・」
「わたしに手加減しろと?」
「えっと、そうじゃなくて、真心と手心、、それが手加減ってのなら、そうなのかもしれませんけれど・・」
「いえ、先輩は私が120%の実力をだしたって五分の戦いができるかどうか。。。って、おなじ土俵で比較するなんて、それこそが失礼にあたる・・・」
「(いったいどんだけこの子、わたしを誤解してんのよ)
「思い切り胸を借りさせていただきます。でも、ま万が一、私が勝つようなことがあれば、決めたことがあります。胸だけでなく、先輩のすべてを・・すべてをこの手にしたいっ」
「ちょっ、まって、そんな課題じゃないから。あくまでも私の卒業試験であって、えと、やばい、こいつ、目つきがいっちゃってる・・・」

というか、キャラにバリエーションがありませんね。またツインテ&ショートですか。


WS000152.jpg上に書いたシナリオもいいけれど、とつぜん思い立った、絵茶キャラ女体化。さいしょから女体な人もいるけれどw。
内輪ウケ同人誌なら、これもありかなー。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
 
プロフィール

くろくぅ

  • Author:くろくぅ
  • 創作したいと思う、この気持ち。でも創作ってなぁに?


    ストラ本、ゆうなべ本(同人誌)(通販一時停止中)


最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。