FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ブログ】PV完成。で7月。

いまいゆさんのところのPVできたよ。(いちばん下)
やっつけ感がするのは、仕様です。
でもいろいろ楽しませてもらいました。いまいゆさんのPVの絵を描こうと思うと、なんか色が濃くなっていくんだよね。それって曲の効果なのかしら。

さて7月です。あっという間に半年終わったわけです。これまたいつものことですけれど。振り返るものさえないような半年だなぁ。夏コミ準備しなくちゃ、と毎日つぶやいて、でも毎日なにもしないままぐったりだ。




一言マンガ評
■ちはやふる9(末次由紀)■
7巻までは貸しマンガ屋で借りてたのに、買うようになってしまった。
3月のライオンの名人は近寄りがたい尊厳があるのに、こっちの名人はなんだか存在感うすーw イケメンっぽくもないし。

■こいこい生徒会2(あきらかなお)■
むね。この絵柄でむね。それだけでよしっ。万人受けじゃないけれど、ストライクゾーン。

■放課後プレイ2(黒咲練導)■
ゲームのことはぜんぜんわからないのに1巻が面白かったので、2巻も買ってみた。2巻はさらに洗練されて面白いとの評だったけれど、おいらは1巻のキャラの方が好きだったなぁ。

■らぶちゅvol.4 お外でエッチ (オムニバス)■
ライトH系アンソロジーってことなんだけれど、ばりばりセックスしてるんですけれど、どのあたりが成人コミックと袂を分かってるのでしょうか?ほんと、最近の境界線はわかりませんっ。
ともあれ、加茂さんのエロイラストが載ってるだけで買いですよ。マンガは普通の月刊エロマンガ雑誌の方がいい気がします。

■季刊ゼラチン2010なつ■
だんだん惰性で買ってくるようになってきた。前身である「ROBOT」も最後は惰性で買っていたものなぁ。




PVは横長で。

今週末も仕事かよ。ひとりで勝手に出社する週末はまだいいんだが(よくないが)、週末会議はほんと気持ちが滅入ってくる。
とまぁ、グチグチモードで始まるわけですが。

いまいゆさんの新曲のPVを作らせてもらうことになった。PVはひさしぶりだ。最後に作ったのは、やっぱりいまいゆさんのMiku Runs The Voodoo Downのときだから、1年半以上前か。
最近のPVはどんな感じなんだろう、とニコニコ動画を漁りまくる、、、なんてことをすると、あまりのギャップに打ちのめされること必至なので、あえてなんにも見ないw 今回もとくにコンテを切るわけでなく、まずいきなりイラストを描きはじめるわけです。
イラストと同時に動画ソフトの使い方を思いだそうといじってみる。もう世の中は地デジに移行だ、16:9にしなくちゃ、と切り替えてみたものの、よくわからーん。イラストもへんにボケるし。まぁ自分もボケてるからちょうどいいか。と、年寄りの口癖みたいなことをつぶやいてみたりする。

マンガ一言評。3週分くらいかな。

■お兄ちゃんのことなんてぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!3(草野紅壱)

待ちに待ってました3巻。ようやく出たって感じ。新しいキャラの近藤繭佳がいい味だしてるっ!むしろこのキャラ中心でよしっ。
俺妹もおもしろいんだけれど、みんないい人ばかりでちょっと食傷気味なわけで、こっちのお兄ちゃんのダメっぷりはなんかスカッとするw

■あきそら4(糸杉柾宏)
今回も十分エロいです。一般誌なのに。こういうのが世間で非難されてるんだろうとは思うものの、これを18禁雑誌に持っていったら売れないんだろうなぁ。

■神のみぞ知るセカイ9(若木民喜)
アニメ化おめでとー。神のみ版けいおん!の活躍もアニメで期待したいところ。でも一期だけでは9巻まではいかないか。

■はやて×ブレード12(林家志弦)

わすれたころに出してくるので、前回の話を思いだすのがたいへんw けっこう声に出してわらってしまうシーン多し。

■アオイホノオ4(島本和彦)
これも笑ってしまうのです。時代背景が時代だけに。

■ウワガキ1(八十八良)
ひとりの人間が分裂する、というSF設定はさらりと流して、うまく主人公の少女の内面に入っていってるところは、シナリオ巧者って感じ。2巻が早く読みたい。

■RENGE MURATA * ANIME WORKS 1998-2006
マンガじゃないけれど、村田蓮爾氏のアニメの設定集。
設定集って、制作の裏側なわけで、なんか作家の内面を覗いたような気がして楽しいよね。




遅配。。

いまいゆさんのイベントに合わせて、ラベルを印刷したCDとジャケット30枚づつ、宅急便で送ったのが先週の日曜日。遠くなので翌日配達とはいかず、水曜日につくことになってたわけだけれど、金曜日の晩になっても届いてないとの知らせが。
あわてて確認。あれ、関東で足踏みしてる!そして今まだ鹿児島!?
なんとか土曜日中に届けてもらおうとサービス窓口が開く翌日朝、電話してみると以外な結末が。

すでに船便に乗ってしまって、届くのは月曜日とのこと。ってイベントは日曜日なのに!
というわけで、ごめんなさい。いまいゆさんが連日徹夜で仕上げていたというのに、肝心のブツが間に合いませんでした。不徳のいたりです。

宅急便屋に遅れたわけ、特になんで飛行機じゃなくて船に載っているのか、その訳を聞いてみた。
たところ、飛行機に乗せるには内容証明が必要らしく、品名の申告がなく、その上、書いた差出人の電話番号が間違っていたため、しかたなしに陸路で送らざるえなかったとのこと。だったらコンビニで受け取るときにそういうことをちゃんと指示してよ、そういう指導しておいてよ、と思ったわけですが。
焦って出したのは自分なんだよね、あとから、あ、品名書いてないや、とか、自分の住所確認してないや(いつだって電話や住所はうろおぼえ)とか気が付いたんだけれど、まぁいいや、ってそのまま出しちゃった。仕事をうまくやる秘訣はいろいろあるけれど、「相手のミスを誘発するようなことをしない」ってのは大事なこと。それをやれなかった自分としては、反省しきり。

今日のイベントでは、仮盤をだすのかな。まだいまいゆさんのレポートは上がってないんだけれど。ともあれ、いまいゆさん、そしていまいゆさんのCDを楽しみにしていた方、たいへんすいませんでした。なにかの形でおわびできるといいんだけれど。
実はいまいゆさんの各曲にコーラスを入れなおしたゴージャス盤を改めて出すっていってたから、そのときになんかオマケでもつけられないかな。どうかな。


週末は沖縄へ!

sai250c.jpg先週のことですが、夏コミケ受かりましたっ!
さてどーしたらよかんべな、と思っているところに、ミク音楽友のいまいゆさんが来週の6月20日、沖縄の同人誌イベントでCDを出すっていうじゃありませんか! というか準備まで2週間って短すぎでしょw そんなこんなでジャケ絵を書かせてもらうことになりました。
ちょっと物寂しくて上品なボッサを得意とするいまいゆさんの曲にこの絵はないだろー、と思ったりもしますが、しかしこれしか描けないんだからしかたないっ。(開き直り) イメージのイラストを描くのって難しいなぁ。でも楽しんで描かせてもらいましたよ。
ということで、来週は沖縄に売り子に行きます!
と言いたい。ああ、言いたい、行きたい。でも旅行どころか、来週もまた仕事場にいってそうだよねぇ。
ということでみなさん、代わりに行ってきてください。買ってください。ステキな曲がつまったCDです。ぜひぜひ。(まだ聴いていないですけどきっとそうですw)

それにしてもメールやWEBでやりとりしていると距離なんて感じないけれど、いざモノのやりとりすると、沖縄遠く感じるなぁ。送料とか高いし、届くのにも時間かかるし。それだけに行ってみたい気持ちも高まるわけです。いや、海外行くより値段的にもずっと高いわけですがw



ジャケ絵はPIXIVでも宣伝。

おっさんバーと女子中学生


公園で拾ってきたおっさんで、おっさんバーを経営しようかと考える女子中学生の話を考えてる。すでに心が病んでるような気もするがまぁいいや。

ホットスポットの契約をしたので、マックで仕事しちゃうことも増えてきた。
しかしマックは騒がしいんだよね。そんななかで大活躍なのが、先日買ったノイズキャンセリングヘッドフォン(5代目)。前回のヘッドフォン型もよかったけれど、あれを店の中で使うのもどうかなぁ、と思ったいたけれど、今度のはカナル型なので、まぁなんとなく見た目的にも許されるかなぁ、と。
実際のところ、人の声の周波数はキャンセリングされない。だから意味がないようにも思っていたけれど、人の声も複数混じるとノイズなわけで、不快な周波数が取り除かれるだけでもまったく違う。ちょっと小音量で音楽を流してやるだけで、周囲の音が気にならなくなるんだよね。
今年はまだ折り返していないけれど、今年買ったグッズの中でいちばん価値があるものはおそらくこのノイズキャンセリングヘッドフォンだな。大活躍中。
ただし五感のうちのひとつが取り除かれるわけだから、けっこう危険でもある。歩きながらモノを落としても気が付かないし、注意力が著しく低下する。席を立つとき、でかけるときなど、リスクの高いときは外すようにしてる。これがポイントかも。

さて今週もマンガ評。

■うそつきパラドクス3(きづきあきら+サトウナンキ)■
実は発売日をけっこう楽しみにしてた。
いちばん最初にこの作者のマンガを読んだときは、なんだよこの絵柄、きびしいなぁ、と思っていたのに、しばらくすると病みつきになる。この「うそつきパラドクス」の寸止めっぷりも、続きが読みたくて禁断症状になる。恋愛モノって、やっぱりヤルまでがいちばん盛り上がるんだと思うわけですよw
さて3巻。その寸止めもいよいよタガが外れて終わるのか、と思ったけれど続くらしい。ひっぱるなぁ。このあと堂展開するの? 寸止めがテーマじゃないの?w

■ナナとカオル4(甘詰留太)■
これも寸止めものといっていいのかな。おそらくずっと寸止めなんだろうけれど。3巻で3Pになってちょっと興ざめしたけれど、またふたりの世界なので安心。これも続けば続くほどネタが苦しくなってくるのだろうなぁ。それともまだまだSMの世界は奥が深いんだろうか?


Twitter
 
プロフィール

くろくぅ

  • Author:くろくぅ
  • 創作したいと思う、この気持ち。でも創作ってなぁに?


    ストラ本、ゆうなべ本(同人誌)(通販一時停止中)


最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。